Photolab

photographs,travel,daily life &...

超久々の読書!「屍人館の殺人」を読んで。

久々更新。

写真のことだけだと書くのがめんどくさくなってくるのか(そういうほど更新していないが)、放ったらかしになってしまうので何でもいいから書こうと思い、今回からは最近読んだ本とかマンガとか行った飲み屋とかどうでもいいことでもテキトーに書いていこうかと。

ということで今回は読書の話です。本の紹介というより、そのうち見返したときに自分が何考えていたか思い出すために書くのでガンガンネタバレとか含みます。未読の方はお気をつけて。

 

さてさて、先週の土曜日の昼にやってた王様のブランチで紹介されていたミステリー小説が気になって読んでみました。

その名も「屍人館の殺人」。なんかいかにもな名前ですが、今村昌弘氏のデビュー作で鮎川哲也賞を獲り、このミスとかとかの三冠を達成したとか…この辺はよくわからなかったんですが、番組で紹介していたのもあり、なんとなく久々に本を読んで見たい気分だったのもあり、その日のうちに本屋で買ってきてスルスルと読んでしまいました。

 

小中高と割りかし本を読む方で、読み始めると止まらなくなる性質なのですが、純然たるミステリ小説(定義はよくわからないが)を読んだ経験があまりなく、どうしたものかと思っていました。

とはいえ読まないことにはなんとも始まらないので適当に読んでみると自分が想像していたような堅苦しい文章とは違って読みやすくて驚きました。

ヒロイン兼探偵役の比留子さんのキャラクターや描写が最近のライトノベルのような感じが少しむず痒く感じたものの、これも読みやすい一因だったのかも。

 

購入のきっかけになった王様のブランチでは、この本の面白い、かつ斬新なところはミステリには不可欠な密室(クローズドサークルというらしい。かっこいい)をバイトテロによって発生したゾンビの集団とかいうぶっ飛んだ存在で作ってしまうところだと仄めかしていた。

番組では直接的にゾンビというワードは使わないものの、ほぼほぼネタバレのようなことを言っていたので分かってはいたんですが(自分の予想が合ってるかどうかを確かめるために買ったところも少しある)、実際読み進めていて和やかな雰囲気から急にゾンビが出てくるのは衝撃でした。純粋なミステリーにゾンビという超科学的な存在を出していいのか?ホラー小説じゃん!という思いと確かにこれなら新しい方法で密室を作ることができるという感心が混ざった複雑な感じ…。

加えて探偵兼主人公感漂わせていた明智先輩がさっくりゾンビにやられたのも衝撃でした。明智なんて名字しといて半分より前に退場するとは思いませんでした笑

 

ミステリーを読むときには自分も探偵と一緒に犯人を考えるものですが、なんとなく読んでいるからかセンスがないのか論理的な思考を放棄しているのか、殺害方法のトリックもなにも全くわかりませんでした笑

ただ謎解きパートでは今までの疑問や引っかかっていたところがスルスルと解かれていって気持ち良かったです。トリックの説明もわかりやすかったです。読み終わってから「あああ〜、いや何と無く見当はついていたんだけど」的な負け惜しみを頭の中で考えていました。

ただちょっと犯人の動機が薄い気がしして、あんまり共感?できなかったかなと。ミステリーには殺人とトリックさえあれば動機なんか要らないもんですかね〜。

それに比べて進藤さんのくだり、まっったく想像していなかった死因でしたが、人間味あふれていて好きです。

始めはラノベみたいでなんだか…なんて思ってはいたものの比留子と葉村くんの絡みはほっこりするしかわいいし好きでした。特に最後の「彼は、私のワトソンだ」の台詞はちょっとグッときますね。

 

ゾンビという超飛び道具とか主要人物がバタバタ死んでいくところとかぶっ飛んだ設定のミステリ小説(人が死ぬのは普通?)でしたが、読みやすく読み応えがありとても面白かったです。

なんだか続きがありそうな終わり方だったので、次回作も楽しみです。

イエローナイフの街を探索&オーロラハント!〜オーロラ旅行記・2日目〜

どーもご無沙汰しております。もっさんです。

今回はずいぶん前に書いたオーロラ旅行記の続きです~。

naaaassom.hatenablog.com

オーロラに興奮しっぱなしのままホテルに帰還…初めてのオーロラ鑑賞は大成功でした!

ツアー中は基本的にオーロラビレッジで2時頃までオーロラ観賞をして、朝の3時ごろにホテルに戻りました。それから夜食食べたり、風呂入ったりすると4時ごろに・・・それから昼すぎまで爆睡して、夜になったら出発という半分昼夜逆転状態で生活していました。

続きを読む

渋峠で吠える星空を撮ってきました。

連日のヒメボタル撮影で睡眠不足の日々が続く今日この頃…。
すでに6.7回ほど出撃してまともに撮れてません。これからたくさん飛んでくれることを願う…!

話は大幅に変わりまして、先週の月曜にゆーすけさんと一緒に渋峠ポタ赤使って星撮りしてきましたのでその時の様子でも書いてみます。

続きを読む

秩父のヒメボタル、始まりました。〜秩父ヒメボタル2017・第一夜〜

今年もヒメボタルの時期がやってきました。

Twitterのほうを見てくださっている方は連日うるさくしてすみません(笑)

昨晩ようやくいい感じにヒメ様が飛んでくれたので、とりあえずそこそこまともに撮れた2日間の振り返りを。(実際には既に6日間出撃していたもののそのうち3日はスカで、1日はうまく撮れなかったのです)

今年のヒメ様は寝坊気味のようです。

5月の中旬あたりからちょいちょい秩父に通っていたんですが、まっったく飛ばず光らず…一部では秩父のヒメ絶滅説まで囁かれていたんですが、昨晩のプチ乱舞を見て、絶滅説は一蹴されました。

まあ冷静に考えると、昨年に僕がヒメ様を初確認&撮影できたのが5/21だったのに比べて、今年の初撮影は5/24。昨年の初撮影は飛んでいない個体のマクロだけだったことを考えるとまあそこまで大幅に遅れてるわけではないのかな〜、と思いました。期待が高まりすぎて過度の心配をしていたようです(笑) いやー、でもほんとによかった。

今回は初飛翔を確認した第一夜の写真を載せておきます。
飛翔といっても2頭くらいしか飛んでなかったけどね…。

 

 

こちらのバズーカ持ったお兄さんはヒメ仲間のみちすけさんです。
ロクヨンと呼ばれる大きさも重さも値段もバケモノみたいな超望遠レンズで1~2頭しかいないヒメボタルを追っているところです。なんか面白かったので撮ってみました。

最後にマクロ撮影したものを。
なんかパッと見いいかんじですがピントが…暗闇の中でのマクロは難しいですのう。

では、また。
…今晩も出撃するかー!

秩父で宇宙を感じる…!武甲山と天の川、ついでに芝桜を撮ってきた!

ちょっと前に秩父で星撮ってきたのでそのことについて少しばかり。

続きを読む

ヒメボタルを撮りに行こう! 〜秩父ヒメボタル・備忘録〜

  • 森の妖精ヒメボタル
    • ヒメボタルの生態とかあれこれ
    • 写真におけるホタルの光跡の違い
  • ホタル撮影の注意
  • ヒメボタルの撮影方法
    • 機材
      • デジタルカメラ
      • レンズ
      • 三脚
      • 比較明合成ソフト
      • レリーズ
      • パーマセルテープ
      • 長袖長ズボン・ブーツ・長靴
      • その他
    • 前準備
    • 撮影手順
      • 1.ヒメを探す
      • 2.機材のセッティング
      • 3. 背景の撮影
      • 4. ホタルの撮影
      • 5. 現像
      • 6. 比較明合成
  • ヒメボタル撮影における今後の課題・目標
    • 構図
    • 玉ボケ
    • 背景を深度合成
    • オールドレンズでヒメボタル
  • まとめ
続きを読む

久々に秩父の雲海製造工場が稼動したようです。

どうも就活真っ只中のもっさんです。

タイトル通りで、今年初の秩父雲海にいても立っていられず撮影に行ってきました。次の日は朝から説明会だったんですがね!

雲海製造工場…稼動開始!!

写真撮るつもりなんて全くなかったのでカメラのバッテリーが空っぽで…かなり急いで美の山公園に到着したのが夜の11時半頃。道中あまり霧かがっていなかったので心配でしたが、展望台に上るとしっかり雲海出てました。

余談ですが、展望台に到着したらロクヨン構えたみちすけさんがいてびっくりしました笑 このおじさん、ロクヨンぶらさげてぶらさげてベビーカー押してるらしいです。変態です。

先ずは三菱マテリアルの工場と雲海を一枚。煙をあげる工場はまさに雲海を作り出しているように見えますね。

霧に飲まれかけながら撮影してるとご一緒していた工場マニアで秩父雲海に取り憑かれている変態の1人であるゆーすけさんが「太平洋が見える!」と。

太平洋セメントの工場が霧の中から見え始めたのを興奮しすぎて略して言ったんだとおもいますが……ハイになりすぎて頭おかしくなっちゃったのかと思いました。

そんな感じで太平洋セメントを撮るために、みんなでゾロゾロ展望台を移動して撮影再開。

雲海が割といい感じに出てくれました。もうちょい工場が顔を出してくれればよかったんですが…。最初に言ったように次の日、朝から説明会だったので、この一枚撮って撤収しました。

そういえば…

今日の載せた写真、Twitterのほうで多くの反響頂きました〜。SNSは何がきっかけでバズるかわかりませんね。撮影地でご一緒した方の写真がめっちバズってました。羨ましい…笑

なんか雲海写真より、雲海撮りにきてる変態仲間の話がメインになってしまいました。肝心の写真は、去年の11月の雲海は超えられていないので、今年はあの一枚超えを目指して頑張ります!

では、また!

 

 

naaaassom.hatenablog.com

 

大晦日にふり返る、2016年のフォトライフ!

f:id:naaaassom:20161231175048j:image

ご無沙汰でござんす。
普段はほとんど更新しないのに、いろんな人が一年の振り返りをしているのを見て、羨ましくなってこんな記事書いてみました(笑)

続きを読む

秩父雲海、まさに夢幻の如く。

秩父に雲海の撮影に行ってきました。

前々回の記事を含めて3度目の挑戦です。今回は前日が雨で当日の夜から快晴でほぼ無風という最高の条件だったのでかなり期待して行ったのですが…ムフフフフ。

続きを読む

真夜中のひまわり畑で見た天の川を回想する今日この頃です。

 

すっかり夏が終わって既に来年の夏が楽しみで待ち遠しい僕です。
せっかくなので今年の夏真っ盛りの8月12日、新潟の津南町に念願だったひまわり星景を撮りに行った時の話をします。

続きを読む